家づくりのポイント

2階リビングのポイントは借景と日当たり!2階リビングのメリット・デメリットを徹底解説!

多くの人が家づくりで重視している部屋、それがリビングルーム。

1日の中で最も滞在時間が長く家族全員が集まる場所なので、リビング空間をいかに快適に計画するかが非常に大事になります。天井が高く開放的、大きな窓で日当たり良好。そんなリビング空間が理想的ですね。

リビングルームは1階に計画することが多いのですが、2階リビングを希望する方も少なくありません。

しかし、1階リビングと2階リビングでは毎日の生活だけではなく、老後の生活にまで大きく影響してきます。安易に2階リビングと考えては後悔することになるかもしれません。

そこで今回、2階リビングのメリット・デメリットを解説したいと思います。

2階リビングを検討している方は、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

この記事はこんな人向け

  • マイホームを検討中の人
  • 2階リビングにするか悩んでいる人

2階リビングのメリット

まずは2階リビングのメリットを挙げてみます。

2階リビングのメリット
  1. 日当たり、見晴らしが良くなる
  2. プライバシー性の高いリビングになる
  3. 屋根なり天井が可能で天井を高くしやすい
  4. 耐力壁を配置しやすく耐震性を高めやすい

日当たり、見晴らしが良くなる

2階建ての住宅が立ち並んでいるような住宅街では、隣家の影響によっては1階部分に日が入らない時間帯があったりします。

その点、2階リビングにすると隣家の影響を受けにくく、日当たりを確保しやすいというメリットがあります。

また、2階リビングは見晴らしが良くなるので、ちょっとリッチなリビング空間を演出してくれますね。

窓際でのコーヒーブレイク。優雅なひと時を過ごせちゃいますね。

プライバシー性の高いリビングになる

リビングに大きな窓を付けたい!

いざ大きな窓を付けたは良いものの、通行人が気になる・向かいの住人の視線が気になって結局レースカーテンで閉めっぱなし、という場合もあります。

2階リビングの場合は、通行人からの視線は気にならないし、周りのほとんどの家は1階リビングが多いため、2階リビングで大きな窓を設けても、プライバシーを確保しやすいことが多いです。

屋根なり天井が可能で天井を高くしやすい

1階リビングの場合、上階に部屋がある都合上どうしても天井の高さは限られてしまいます。どうしても天井高を取ろうとすると建物自体の高さを上げることになるので建築コストにも影響が、、、。

2階リビングの場合は上階のことを考える必要がなく、屋根なり天井にすることで建築コストを抑えつつ天井高を上げることができます。

耐力壁を配置しやすく耐震性を高めやすい

リビングルームの多くは、ダイニングやキッチンと連続した「LDK」とした一体空間で計画することになると思います。LDKは開放感のある空間となるよう、壁で仕切らずOPENな作りで計画することが多いです。

そうなると壁が少なくなり、地震になどの水平力に抵抗するための壁(耐力壁)は外壁面のみに頼ることになります。

2階リビングの場合、自ずと1階は寝室・子供室などのプライベート空間となり、間仕切り壁が増えるので耐力壁を多く配置できます。

また、地震力は2階よりも1階の方が大きくなるため、耐力壁が少なくなりがちな1階リビングと比べると、2階リビングは耐震的に有利になりやすいです。

2階リビング=1階は個室で間仕切壁が多い=耐震性が高まる

2階リビングのデメリット

次に、2階リビングのデメリットをご紹介します。

2階リビングのデメリット
  1. 階段の登り下りの頻度が増える
  2. 水廻りは1階になりがち
  3. 2階リビングは老後に不安
  4. 子供と顔を合わせる頻度が減る
  5. 小さな子供がいると階段・吹抜に注意が必要

階段の登り下りの頻度が増える

滞在時間や利用頻度の多いリビングルームが2階にあるということは、自ずと階段の登り下りの頻度も増えてきます。

スーパーから帰ってきたときには、毎回重たい買い物袋を持ったまま階段を登ることになります。小さなお子さんがいる場合は、買い物袋と子供を背負いながらとなるので、肉体的にもかなり労力が必要になります。

良い運動になるのでダイエット効果には期待が持てるかもしれませんね・・・。

水廻りは1階になりがち

敷地の広さや、1階2階の部屋のボリュームを考えると、2階リビングの場合はお風呂や洗濯室を1階に計画せざるを得ないことが多いです。

水廻りが上下に分断されると、洗濯のたびに階段の登り下りが発生するなどして家事効率が悪くなってしまいます。

洗濯機を回すとき・洗濯機の運転が終わるとき、それぞれ階段の登り下りが発生してしまいますね。家事動線としては効率は悪苦なりがちですね。

2階リビングは老後に不安

階段の上り下りの頻度やリビングと水廻り動線が上下階に分断されることで、生活する上でのストレスは必ず生じてきます。

マイホームを建てるのは30代から40代と子育て世代が多く、身体が元気なウチは苦に感じなくても、老後になると状況は変わってきます。

事ある毎に階段の昇降を伴う移動が発生するのは日常生活に支障をきたします。

2階リビングにするんじゃなかった。今から1階リビングにリフォームできませんか。と後悔する人もいるくらいです。

2階リビングにするときは、老後の覚悟が必要です。

子供と顔を合わせる頻度が減る

思春期の子供は部屋に篭もりがちです。2階リビングとなると子供室は1階に計画することが多く、帰ってくるなり真っ直ぐ部屋に直行することになってしまうかもしれません。

いつ帰ってきたのか分からない。なんてことにもなりかねないので、2階にいながらも吹き抜け等で玄関の様子を伺えるような計画にすることも検討する必要があるかもしれませんね。

小さな子供がいると階段・吹抜に注意が必要

2階リビングになると、当然お子さんも2階にいることになります。

特に小さなお子さんの場合、階段からの落下・吹き抜けからの落下、それらの心配がついて回ります。

階段から落ちては大怪我につながります。落ち着いてお茶も飲めませんね。落下防止のゲートは必須アイテムになるでしょうね。

1階リビング・2階リビングで迷った時の判断基準!

それぞれ一長一短があり結局のところどっちが良いのか分からない!

ってことで僕がオススメする、1階リビング・2階リビングのパターンをご紹介します。

『特別な理由』がなければ1階リビング!

特別な理由がない限り、1階リビングにするのが無難です。

足腰が悪くなってきてからの階段の昇降はとっても大変。その点、同一フロアの移動だけで完結できる1階リビングは上記のストレスがありません。

 

では、2階リビングにする場合の『特別な理由』について解説します。

老後よりも”今”を豊かに暮らしたい!

老後を考えて、ということで1階リビングにするのも良いのですが、そのせいでせっかくのマイホームなのに残念な暮らしになってしまうっては本末転倒です。

時として、老後のことは老後に考えよう。という考え方も大切です。

景色が良いなら2階リビングもOK!

街を見下ろせるような高台であったり、2階の高さから見る景色が絶景だったり。

眺望が良い敷地で家を建てるなら、迷わず2階リビングをオススメします!

滞在時間が長く、居心地の良いリビング空間。リビングからの眺望によって、より一層リビング空間が快適になります。まるで展望台にでもいるようなリビング空間は贅沢極まりないですよね。

リビング続きにバルコニーなんて併設した日には、カフェにでもいるようなリッチな気分を味わえます。これが2階リビングの特権ですね!

狭小地で日当たりを確保したいなら2階リビング

狭小地で住宅に囲まれたような敷地の場合、日中でも日当たりの悪い空間になりがちです。

そんな時こそ2階リビングで日当たりを優先しましょう。

まとめ

2階リビングのメリット・デメリットについて解説いたしました。

1階リビングをベースに考え、周辺環境によって2階リビングを検討する。というのがオススメです。

見晴らしが良かったり、2階から見下ろす眺望がいい場合は2階リビングのメリットを最大限に発揮できます。

老後のことを考えるのも大切ですが、今を快適暮らすのもマイホームの醍醐味です。

ぜひ後悔しない家づくりの参考にしていただければと思います。

 

ぜひ土地探し・資金計画・プランのお手伝いを無料で提案してくれるタウンライフも活用してみてください。

間取り診断承ります!まずは気軽にお問い合わせ下さい!

【間取り診断】承ります!後悔しない家づくりについて発信している「けんち君」です。 ありがたいことに、家づくりの質問や間取り相談のお問い合わせが多数届くよう...

 

家づくりを始める人の多くが、こちらを利用しています。
土地探しから資金計画、間取りの提案まで無料です。一括で多数の会社から提案を受けられるので、無料なのにお得なサービスです!

↓あなたにピッタリの会社を無料で紹介↓

他にも・・・

↓保険会社で火災保険料は千差万別!一括見積もりはこちらから↓


↓金融機関の金利の比較が便利な住宅ローンの一括サイト!↓


↓プロパンガスの見積もり一括サイト!↓

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA