便利グッズ

【重量物を壁に固定】下地を確認する2つの方法|下地が無い時に便利な2つのアイテム!

僕の簡単なプロフィールです。

  • 住宅業界歴15年の2級建築士です。
  • 注文住宅専門で設計・現場管理をしています。
  • 100棟以上の家づくりに携わってきました。
  • 家に関わる有益な情報をお届けします。

ちょっとした物なら画鋲やピンで簡単に固定できます。

カレンダーや小さな時計を壁に掛けるとき、画鋲やピンを壁に刺して固定している人が多いと思います。

でもたまに、

壁に大きな物を掛けたいと思うことってありませんか?

  • 家族が増えたから家族写真を額に入れて飾りたい!
  • ごっついオシャレな時計を買ったから壁に掛けたい!
  • 地震が来てもタンスが倒れてこないように補強したい!

装飾された時計や、額に入れた写真は結構重たいですよね。2kg・3kg、ひょっとするとそれ以上の重さにもなることもあるでしょう。

他にも、万が一の大地震に備えて、タンスが倒れてこないように補強を考えている方も多いです。

留めてたピンが抜け落ちて、壁に掛けてた時計が落下した!

こんな経験ありませんか?時計は壊れるし床や壁にも傷は付くしで、意外と被害は大きいです!

今回は、壁に物を掛けるときに知っておきたい知識と、1kg以上の重量物を壁に固定する時の方法についてお話ししたいと思います。

この記事に書いてること

  1. 下地が無いところに重量物は掛けられない
  2. 下地はここにある!木造住宅の下地の基本(図面あり)
  3. 下地の位置を確認するときの便利なアイテム
  4. 下地が無い場所に固定したい時に便利なアイテム
  5. 上記の注意点

壁に掛けたい物があったけど諦めていた。

そんな人には目から鱗な便利な情報になっています!

ぜひ最後までご覧ください!

下地が無いところに重量物は掛けられない!

カレンダーや小さな時計くらいであれば下地が無くても石膏ボードに画鋲やピンを刺すだけで固定することができます。

ところが、

  • 額に入れた家族写真(A3サイズ以上)
  • アンティーク金物を使用した飾り棚
  • タンスや家具が倒れてこない様に固定したい

これらを固定する時は下地があるところに『ネジ』や『釘』を用いて固定することをオススメします。

なぜなら、重たいから!

画鋲やピンに頼る固定方法は危険が伴います!

下地が無いと落下の危険性!

そもそも、壁に画鋲やピンを刺している状態は、ただ石膏ボードにぶっ指しているだけです。

一般的な家の壁に用いられている石膏ボードは、厚みが12.5mm(1.2cm)、名前の通り石膏を固めて作られたボードです。

石膏なのでそれなりの強度はあるものの、ネジや釘を石膏ボードに使うと石膏がボロボロになって強度が無くなってしまいます。

ピンや画鋲など、細い針では重量物に耐えられず抜け落ちてしまいます。

もし重量物が、座っていた人の頭に直撃したら大事故です!

なので、重量物を壁に固定する場合は必ず下地が入っている場所に固定しなければいけません。

下地の入っていない石膏ボードにネジや釘を打ち込むと「スポッ」と抜けてしまいます。

下地が入ってる位置に固定しないといけないのは分かったけど、そもそも下地ってどこに入ってるの?

そんな疑問にお答えします。

下地はここにある!木造住宅の下地の基本(参考図)

重量物を壁に掛けたい場合は家を建てる時に、予め下地を入れてもらう必要があります。

とは言え、事前にイメージできていれば準備はできるものの、生活の中で趣味嗜好が変わる場合も当然あります。また、建売住宅・賃貸に住んでいる方は事前に下地を入れておくことはできません。

ご安心ください。

木造住宅であれば、基本的に45cm(まれに30cm)ごとに下地が入っています。

木造住宅に用いられる下地のサイズ
  • 10,5cmの柱
  • 4,5cmの間柱(まばしら)

このどちらかが45cmごとに入っています。

寸法の取り方は柱の中心線からスタートするので、壁の入隅から39cmのところが最初のスタートで、それ以降45cmごとに下地が入っています。

詳しくはこちらのPDFをご覧ください。木造住宅の下地の基本

下地の位置を確認するときの便利なアイテム!

寸法的にはおおよその位置は分かったけど、万が一そこに下地がなかったら大変です!

無駄に穴をあけただけになってしまった。なんてことになりかねません。

そこに下地が有るのか無いのか、簡単に確認できる便利なアイテムをご紹介します!

下地の確認
  1. 下地探し『どこ太くん』
  2. 下地センサー

この二つのアイテムは、大工さんの必需品です!僕たち現場監督も重宝します。

下地の確認方法①|下地探し「どこ太」

下地探し「どこ太」

その名の通り、下地がどこにあるか確認できるアイテムです。

石膏ボードに針をぶっ刺して、石膏ボードの裏に木の下地があるかを確認できます。

使い方は至ってシンプル!3,5cmの針を壁にぶっ刺すだけ!

石膏ボードの裏に木下地があれば、木下地で針が止まりそれ以上刺さりません。

もし石膏ボードの裏に木下地が無ければ、3,5cmの長さの針が全部刺さりきります。

『スカン』と抜ける感じがするので、手の感覚的に分かります。

下地が有る場合、目盛りも付いているので壁の表面から何cmのところに下地が入っているのか、目盛で確認することもできます。

針は細いので、壁にブスブス刺しても針の跡が目立ちませんのでご安心を!

【オススメ】先端にマグネットが付いているタイプ!

寸法的に、この辺に下地がありそうだなぁ。って場所に「どこ太」を近づけると、石膏ボードを固定するビスの磁力に、どこ太のマグネットが吸い付く様に反応します。


下地の確認方法②|下地センサー

続いてこちら。


 

これは壁に沿ってスライドしていけば、石膏ボードの裏にある下地に反応してセンサーでお知らせしてくれます。

たまーに、センサーで反応した位置に下地が無い時もあります(汗)

おすすめとしては「下地センサー」で位置を確認しつつ「どこ太」を刺して実際に確認してみることを推奨します!

下地が無い場所に固定したい時に便利なアイテム!

部屋の真ん中に飾りたいけど、下地があるところだと壁の真ん中よりもちょっと右に寄っちゃう。

みたいな場面もあります。下地が無いから仕方がないか、と諦めるのはまだ早いです!

下地が無いとこにも重量物を固定できる便利なアイテムをご紹介します。

下地が無くても固定する方法
  1. Xフック・石こうくぎ
  2. ボードアンカー

どのような商品か詳しく解説します。

下地が無くても固定する方法①|Xフック・石こうくぎ

これがあれば好きな場所に好きな物を壁に掛けることができます。


 

斜めにピンが刺さるようになっているだけのシンプルな仕組みで、真横に刺すよりも斜めに刺すことで重たい物を支えることができます。

出典元:福井金属工芸HP

 

小さな力で重たい物を持ち上げる『てこの原理』に似ていますね。

こんなタイプもあります。3方向にピンが刺さるので、より重たい物にも耐えられます!


フックの種類によって耐荷重が3kg〜5kgと異なります。

耐荷重以上の荷重がかかると抜け落ちる可能性があるので、掛けたい物の重量をご確認ください。

下地が無くても固定する方法②|ボードアンカー

直接壁にネジで固定したい場合、ボードアンカーを壁の石膏ボードに打ち込む方法があります。

打ち込んだボードアンカーによってネジが効くようになります。


 

とは言え、僕はボードアンカーはオススメしません!

ボードアンカーは最終手段!

ボードアンカーは石膏ボードに打ち込むため、ボードアンカーを除去する時は石膏ボードがボロボロになります。

下手するとボードの貼り替えまで必要になります。賃貸住宅の方は避けるべきでしょう!

あなたの家のタオル掛けグラグラしていませんか?

タオル掛けの下地を入れ忘れてボードアンカーを使用するビルダーがいます。

必ずと言ってイイほど数年以内にタオル掛けがグラついてきます。

特に小さなお子さんがいる場合、タオルを引っ張ったりするので引き渡し直後からグラついてしまう場合もあるでしょう。

あなたの家のタオル掛けはグラグラしませんか?きっと下地を入れるのを忘れられたのでしょう。

こんなところにボードアンカーを使用してはいけません!

ボードアンカーを使用しちゃダメな場所
  1. タオル掛け
  2. ペーパーホルダー
  3. 飾り棚などの固定棚

これらを取付する場合は下地が有る場所に固定しなくてはいけません!

タオル掛けの下地を指示するのを忘れて下地が入っていなかった場合、僕たちプロの現場監督は、クロスを貼って仕上がった壁でも石膏ボードを剥がして下地を入れ直します。

ボードアンカーでタオル掛けを付けると必ずグラグラするのが分かっているからです。

下地を確認する方法と下地が無い時に便利なアイテム|まとめ

今回のまとめに入ります。

重量物を壁に掛けたい場合は、まずは下地の位置を確認してみましょう!

都合の良い場所に下地が無い場合は、Xフックやボード釘を使用し、ボードアンカーは最終手段としてお使いください。

なお賃貸に住んでいる方は、引っ越しの際にボードアンカーを撤去しなくてはいけないので、かなり苦労されると思いますので極力ボードアンカーを使わないようにしましょう!

 

ぜひ参考にしていただけると幸いです!

今後も家づくりの情報を発信していきますので、ぜひまたお立ち寄りいただければと思います^^

間取り診断も承っていますのでお気軽にどうぞ!

【間取り診断】承ります!後悔しない家づくりについて発信している「けんち君」です。 ありがたいことに、家づくりの質問や間取り相談のお問い合わせが多数届くよう...

どこのビルダーにしようか迷っている方は下のオススメサイトをご利用ください。無料ですのでご安心を!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

間取り診断承ります!まずは気軽にお問い合わせ下さい!

【間取り診断】承ります!後悔しない家づくりについて発信している「けんち君」です。 ありがたいことに、家づくりの質問や間取り相談のお問い合わせが多数届くよう...

 

家づくりを始める人の多くが、こちらを利用しています。
土地探しから資金計画、間取りの提案まで無料です。一括で多数の会社から提案を受けられるので、無料なのにお得なサービスです!

↓あなたにピッタリの会社を無料で紹介↓

他にも・・・

↓保険会社で火災保険料は千差万別!一括見積もりはこちらから↓


↓金融機関の金利の比較が便利な住宅ローンの一括サイト!↓


↓プロパンガスの見積もり一括サイト!↓

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA