住宅ローンとお金の話

火災保険の選び方を徹底解説!保険料をお得に、定期的な保険の見直しを!

こんにちは。けんち君です。

僕の簡単なプロフィールです。

  • 住宅業界歴15年です。
  • 注文住宅専門で設計・現場管理をしています。
  • 100棟以上の家づくりに携わってきました。

住宅ローンを利用する方は火災保険の加入が必須となります。

住宅ローンを利用してマイホームを建てるときは金融機関や住宅会社から
建売住宅・マンションを購入する場合は金融機関、購入した建物の売主売主の関連会社から

火災保険は色んな業者から提案を受けることになります。

そこで、いつもこんな質問をいただきます。

火災保険ってどこで加入するのが良いですか?

それぞれの業者から提案された火災保険は、保険金額・保険期間・補償内容が異なっていることが多く簡単に比較はできません。

なので、先程の質問の答えはこれです。

同じ条件で見積もりを取ってみましょう!

ってことで、今回は大切なマイホームを守ために欠かせない火災保険の選び方について詳しくお話ししたいと思います。

また、一度契約した火災保険は定期的に見直すことも大切です。

そのあたりについて掘り下げて解説しますので、ぜひ最後までお付き合い下さい。

この記事はこんな人向けです。

  • これから火災保険に加入する方
  • 火災保険に加入済みの方
  • 火災保険をしばらく見直していない方

火災保険の必要性

日本には『失火責任法』という法律があり、他人からのもらい火で家が焼けても、出火元に重大な過失がない限り賠償責任を求めることはできません。

しかもこれは、もらい火に限った話ではありません。

例えば隣家の屋根の瓦が飛んできて自宅の窓ガラスが割れてしまった場合も同様です。

被害を受けた側からすると、たまったもんじゃない。と思ってしまいますが、自分が被害を与えた側になったと想像してみてください。

火事を起こしてしまい周りの家にまで燃え広がった場合、あなた一人では到底弁償しきれませんよね。

なので、失火責任法によって守られているのです。

火災保険は自分で自分の身を守るための保険であり、

他人から受けた損害からも自分を守るために必要な保険なのです!

自然災害に起因するものは、ほぼ火災保険で直せる!

毎年のように、台風・洪水などの自然災害による被害が全国各地で発生し、甚大な被害をもたらしています。

近年の自然災害
  • 2018年7月 西日本を中心に全国的に発生した「平成30年7月豪雨」
  • 2019年10月に上陸した台風19号(「令和元年東日本台風」)
  • 2020年7月に九州や中部地方を襲った「令和2年7月豪雨」

自然災害があったときは保険会社が補償してくれます。

  • 平成30年7月豪雨 1673億円
  • 令和元年東日本台風 5181億円
  • 令和2年7月豪雨 555億円

自然災害時に支払われた保険金額の合計です。(火災保険のみ)

※被災された方々に心からお見舞い申し上げます。

これらの被害は火災保険がしっかり補償してくれます。

とは言え、1ヶ月換算すると数千円程度の火災保険料ですが、年単位で考えると2万円〜3万円なので決して安くはないです。
(被害に遭ったことを考えると安いのかもしれませんが。)

手厚い補償をかけるほど、万が一の際には補償を受けやすくなりますが、当然支払う火災保険料も高くなります。

火災保険は最長でも10年契約なので、10年毎に更新しないといけません。

1ヶ月で数千円って考えると安いもの。

とは言え、万が一に備えてあれもこれもと不要なオプションを付けるのはもったいないですよね。

10年単位で考えると20万円〜30万円とお金がかかってきますからね。

以前は火災保険の保険期間は最長36年でしたが、昔よりも自然災害が多く発生するようになったため

2015年10月より保険期間が最長10年に変わりました。

 

幅広く保険で直せるにも関わらず、自己負担で直してしまう人が大勢います。せっかく高いお金払って火災保険を契約しているのですから使わないのはもったいない!

自動車保険と違って、使っても火災保険料の費用は変わらないのですから使わないと損です。

火災保険の選び方|同じ条件で複数社の見積りを比較!

ではどのように火災保険を選ぶのが良いかと言うと、冒頭でもお伝えした通り、

同じ条件で見積もりを取ってみましょう!

ということになります。

火災保険は同じような条件でも保険会社により保険料が異なり、細かい補償内容や特約も違います。

だから、できるだけ複数の保険会社から見積もりを取るのがオススメということです。

住宅の場合は、「T構造(耐火構造)」・「H構造(非耐火構造)」という2種類に分類され、それぞれ保険料が大きく変わります。

どちらの構造か建築する会社に確認してみましょう!

  • 新築割引
  • 耐火建築物割引「T構造」
  • ホームセキュリティ割引
  • エコ設備割引など

建物の構造や設備によって割引がありますので、内容をよく確認してみましょう!

火災保険の基本的内容|火災・落雷・破裂・爆発・風災・ひょう災・雪災

火災保険といえば、火事が起こった時の補償というイメージがあると思いますが、

実は補償の対象は幅広く、

落雷によるもの、台風によるもの、ひょうによるもの、雪によるもの、

これらの場合でも補償されます。

こちらの記事で火災保険の補償内容について詳しく解説していますので、チェックしてみてください。

火災保険ってどんな種類があるの?火災保険の補償内容を徹底解説!住宅の諸費用の一部に含まれる「火災保険」ですが、そもそも火災保険ってどんな内容があるのか、どんな時に保険金がもらえるのか。自動車保険同様、あの場合この場合に備えると当然支払う保険料は高くなる一方です。どのような災害に備えるのかをしっかり見極めないといけません。ぜひお役に立てていただければ幸いです。...

必要に応じて、水災・水濡れ・盗難・破損や汚損など

川や海から離れているからと言って、水災は不要と考えるのは早合点です。

最近では大雨の影響で下水本管が満水になり、雨水を排水しきれずに床上浸水になってしまうケースもあります。

保険会社によって水災については付ける付けないの選択になります。

他にも、選択項目としては

盗難、破損や汚損、物体の落下・飛来・衝突

といったものも付加することできますので、見積もり金額を見ながら検討してみましょう。

保険の対象は「建物」と「家財」

火災保険は建物だけではなく、家財にも保険をかけることができます。

保険の対象「家財」とは
  1. 家財に含まれるものとしては、
  2. テレビ・冷蔵庫などの家電製品
  3. ソファ、タンスなどの家具
  4. 衣類
  5. 生活用品全般

万が一家が全焼してしまうと建物だけではなく、家財も全部買い揃えなくてはいけません。

『もしもに備える』ためには家財にも保険をかけたほうが安心ですね。

1個の価額が30万円を超える貴金属は、申し込み時に明記しないと補償されない場合がありますのでご注意ください。

複数会社で比較するときの注意点!

複数の保険会社で比較するときは、

  • 保険会社の商品の標準内容の確認
  • 保険金額は「再調達価額(新価額)」

この2点にご注意ください。

保険会社によって標準が異なる

保険会社によっては

うちは水災が標準です。

のように、保険会社によっての標準が異なる場合がありますので
見積もりを比較するときはその辺りの条件を揃えた方が比較しやすいです。

保険金額は「時価」ではなく「再調達価額(新価額)」

保険で補償される対象に対して、いくら補償金が支払われるかというと保険金額によって変わってきます。

保険金額が安ければ安いほど保険料は安くなります。

とはいえ、万が一の時に十分な補償を受けるためには保険金額を適切に設定しなければいけません。

3000万円の家なのに、保険料をケチって保険金額500万円に設定すると、全焼した場合の保険料の上限は500万円となり、万が一の備えとしては全然足りなくなってしまいます。
(この場合は住宅ローンと500万円が残ることになります。)

ただし、3000万円の家に4000万円の保険をかけることはできません。この場合は上限3000万円となります。

保険金額は、十分な損害保険金となるように「再調達価額(新価額)」に設定しましょう!

年月の経過や使用による消耗分(減価)を差し引いた「時価」の場合、万が一の修理や再築の際に補償額が不足してしまいます。

火災保険を定期的に見直すべき理由

火災保険は工事中から準備する必要があります。

なぜなら引き渡しを受けた翌日から自分の保険に切り替わってしまうからです。

工事中は、住宅会社の工事保険があるので万が一の際は住宅会社の保険が適用になります。

工事中は、壁紙を決めたり、コンセントの位置を決めたり、キッチンを決めたり・・・
とにかく決めるものがたくさんで慌ただしい日々になりがちです。

どうしても火災保険を十分に検討する時間を取れない方もいらっしゃいます。

補償内容を理解できぬまま慌てて火災保険を契約してしまったり、余計な補償を付けてしまったり、そんなケースも少なくありません。

他にも、家族が増え家財が増えたのにそのままにしておくと十分な補償を受けられなかったり、家族が減って家財が減ったのにそのままにしておくと保険料を多く払うことになっていたり。

火災保険は家族構成などの変化に伴い、都度見直す必要があります。

火災保険は契約期間中でも増額・減額することが可能です。

火災保険についてのまとめです

今回は大切なマイホームを守ために欠かせない「火災保険の選び方」と「火災保険の見直しの必要性」について解説しました。

自然災害が増えてきたことによって、保険料はどんどん値上がりしています。

同じ保険内容・同じ保険金額・同じ補償内容

条件は同じでも保険会社によって保険料が異なりますので、

ぜひ複数の保険会社から見積もり取ることをお勧めします。

 

また、家族構成の変化に伴い保険の見直しは欠かせません。

家財が増えた場合は保険金額を上げるべきですし、家族が減った場合は保険料を無駄に払うことになるので保険金額を下げた方が良いでしょう。

家族構成の変化(家財の変化)に伴い都度、保険を見直すべきですね!

なので、一度契約した火災保険は定期的に見直すことも大切です!

保険の見直しは、一括サイトが便利です。無料なのでお気軽に。

これを機に保険を見直してみてはいかがでしょうか。

【住宅ローン|民間金融機関とネット銀行の比較】一括サイト利用がイチバンお得に借りられる!「ローコスト住宅」をセールスポイントにしている住宅でも購入資金には2千万円以上のお金が必要になります。現金で一括購入という人はごく僅かで...

間取り診断承ります!まずは気軽にお問い合わせ下さい!

【間取り診断】承ります!後悔しない家づくりについて発信している「けんち君」です。 ありがたいことに、家づくりの質問や間取り相談のお問い合わせが多数届くよう...

 

家づくりを始める人の多くが、こちらを利用しています。
土地探しから資金計画、間取りの提案まで無料です。一括で多数の会社から提案を受けられるので、無料なのにお得なサービスです!

↓あなたにピッタリの会社を無料で紹介↓

他にも・・・

↓保険会社で火災保険料は千差万別!一括見積もりはこちらから↓


↓金融機関の金利の比較が便利な住宅ローンの一括サイト!↓


↓プロパンガスの見積もり一括サイト!↓

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA