ランニングコスト

【マイホームのメンテナンス方法】長く住むために必要なお手入れ方法を徹底解説!

僕の簡単なプロフィールです。

  • 住宅業界歴15年の二級建築士です。
  • 注文住宅専門で設計・現場管理をしています。
  • 100棟以上の家づくりに携わってきました。

念願のマイホーム。できることなら新築当初の状態で長く住みたいものですよね。とは言え、時間の経過と共に必ずどこかしらの不具合が出てしまうのは避けられません。

  • 外壁のサイディングがボロボロになってきた。
  • フローリングやクロスが汚れてきた。
  • 住んでから数年で結露するようになった。などなど

マイホームを長くキレイに保つために欠かせないのがメンテナンス(お手入れ)です。

  • メンテナンスってどういうことをしないといけないの?
  • 設備機器とか機械イジリはどうも苦手なんですけど・・・。

そんな疑問にお答えしたいと思います。そこで今回はマイホームを長くキレイに住み続けるための方法について詳しく解説したいと思います。

日頃からお手入れしてるから大丈夫!っと思っている方も、それが間違ったお手入れ方法であれば寿命を縮めてしまうことになったり、故障の原因につながることもあります。

そのあたりについても解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

この記事はこんな人向け

  • 現在マイホームにお住まいの方
  • 長くキレイに住み続けたい方
  • 日頃からお手入れされている方も必見です!

マイホームにおけるメンテナンスの重要性

どんな物でも長く使い続けるためにはメンテナンス(お手入れ)が必要不可欠です。

最初はフローリングのワックス掛けをしてたけど、面倒くさくてやらなくなった。

最近は共働き世帯が増え、メンテナンスに割ける時間は限られています。とは言え、マイホームをキレイに長く住み続けたいならメンテナンスは必須です。

メンテナンスする時間なんて無いよ!って人にも朗報です。

メンテナンスは毎日行う必要がありませんのでご安心ください!

マイホームのメンテナンスは車のメンテナンスと同じ感覚!

マイホームのメンテナンスは車のメンテナンスと同じ感覚です!

車のメンテナンス
  • 5千km毎の「オイル交換」
  • 1万km毎の「オイルエレメントの交換」
  • 10万km毎の「タイミングベルトの交換」
  • それぞれのタイミングで「洗車・掃除」

車を長くキレイに乗ろうと思うとこんなメンテナンスが発生します。毎日メンテナンスする人はいませんよね?

ちなみに僕は、年間2万km車移動しているくせに車の知識は一切ありませんので「他にもこんなメンテナンス必要だろ」なんてクレームはご勘弁ください。

マイホームにおけるメンテナンスの種類と方法

マイホームのメンテナンスはこんな感じです。

マイホームのメンテナンス

2ヶ月毎に「給気口の掃除」
1年毎に「排気口、換気扇本体の掃除」
8〜12年毎に「外壁・屋根塗装、コーキング打直し」
それぞれのタイミングで「フローリングのワックス掛け」

それぞれ詳しく解説していきます。

2ヶ月毎に「給気口の掃除」

最近の住宅は高気密化が進んでいます。高気密住宅の場合、新鮮空気が入ってくる場所は給気口が大部分を占めます。

※気密が低い家は家中の隙間から新鮮空気が入ってくるので、空気汚染という意味では心配ありません。建物性能としては心配ですが・・・。

給気口は外部の粉塵や花粉によって目詰まりしてしまいます。

給気口が詰まってしまうと、新鮮空気が入りにくくなり空気汚染につながるだけではなく、換気がうまく機能しなくなってしまい室内の湿気を含む空気が排出されにくくなり結露の原因になってしまいます。

そのためにも、2ヶ月毎に給気口のフィルター清掃が必要になります。

お手入れ方法としては水洗いで大丈夫な物が多いです。水洗いしてそのまま給気口に戻すだけなのでとっても簡単♪

新鮮空気が入ってくるところなのでフィルターは数年置きに新品に交換することをオススメします。給気口に書いているメーカーのホームページから直接購入できるはずです。

特に幹線道路や住宅街などの車通りが多かったり風の強い地域では、花粉や粉塵が舞いやすく、フィルターの目詰まりが起こしやすくなっています。

住んでいる地域によっては、フィルター清掃の頻度は月に1回程度必要になるかもしれませんので、定期的にフィルターの汚れをご確認ください!

1年毎に「排気口、換気扇本体の掃除」

給気口が詰まれば排気されなくなるし、排気口が詰まれば給気されなくなります。給気と排気はそんな関係にあります。なので排気口も目詰まりしないように清掃が必要になります。

多くの家に採用されている第3種換気システムの場合

各部屋の壁か天井に付いている排気口によって部屋毎の汚れた空気を吸い込み、汚れた空気を換気扇に集約させてまとめて外に排気するという換気システムになっています。(換気扇の本体は、天井点検口が付いているお部屋にあると思います)

排気口はフィルターがついていないので、埃などもまとめて排気するようになっています。

表面に埃が付いていたら掃除機で吸ったり、拭き取ったりするだけでOKです。換気扇についているプロペラにも埃が付着しているので、そちらも拭き取るだけでOKです!

お掃除好きの人はプロペラを外して水洗いされる方もいますが、面倒な方は拭き取るだけでも問題ありません!

排気については、汚れにくいので1年に1度で大丈夫です。大掃除の日にやってる方が多いようです。

排気口や換気扇本体の清掃は年に1度でOK。

お手入れの方法は拭き取るだけで問題なし!

8〜12年毎に「外壁・屋根塗装、コーキング打直し」

外壁のメンテナンス頻度

一般的な外壁といえばサイディングです。窯業系サイディングだったり金属サイディングだったり。

サイディングの場合、定期的なメンテナンスが必ず必要になります。なぜならサイディングの寿命を決めているのが表面の塗膜だからです。塗膜は紫外線だったり風雨によって劣化していきます。塗膜が剥がれたサイディングはあっという間に傷んでしまい、傷んだサイディングは張り替えるしかなくなります。

万が一サイディングに穴が空いても、壁の中に透湿防水シートを張ってあるから雨漏れの心配はありません。

という営業マンが居ますが、もはや素人同然。プロとして失格ですね。

確かに、サイディングが傷んでも直接雨漏れの心配はありません。しかし透湿防水シートは紫外線によって劣化してしまいます。透湿防水シートを半年間紫外線に当てると防水性能は半減するという試験結果があります。

つまりサイディングに穴が空き、透湿防水シートに紫外線を晒してしまうといずれ雨漏れ被害につながるということです。

そもそも、ボロボロの外観の家ってどうなの?という感じもありますが・・・。

サイディングを保護する塗膜の性能を保持するためには、8年程度で塗り替えしていくしかありません。足場を架(か)けて塗装して、となると何十万単位の費用がかかります。

サイディングの維持費は、8年〜10年毎に50万円〜70万円!

外壁・屋根塗装でお困りなら、外壁塗装ほっとらいん 無料診断

僕個人としてはメンテナンスが必須となるサイディングはオススメしません。無垢板の外壁は塗装しなくても腐ることがありません。こちらの記事もチェックしてみてください。

外壁に木を張っても腐らない!サイディングの維持費は生涯300万円以上!「外装は絶対にサイディング!」こんな事を言うハウスメーカーの営業は目先の事しか考えていません。ユーザーファーストなら絶対にサイディングは勧めません。なぜなら維持費が300万円以上かかるからです。...

屋根のメンテナンス頻度と目安の時期

屋根材として多く採用されているのがガルバリウム鋼板という板金です。メンテナンスの方法は塗装による塗り替えです。

板金の塗り替えのタイミングとしては板金に触れた時、手に粉が付着するようでしたら塗装のタイミングです。

使用する塗装の種類によっても耐用年数が変わってきます。耐用年数の長い順でいうと【フッ素>シリコン>ウレタン>アクリル】という順番となり、当然費用も高くなりますので予算に合わせて御選定ください。

おおよそ時期としては、10年〜12年毎が塗り替えの目安になります。

コーキングのメンテナンス頻度と目安の時期

また、外壁に付いている給気口などは室内と繋がっている場所なのでコーキングによって水が入らないように処理されています。

コーキングはゴムのように弾力のあるものですが、劣化してくると弾力がなくなりその後徐々にコーキングの表面に亀裂が入るようになります。

コーキングが切れてしまうと雨漏れの原因になってしまうので、コーキングが切れる前に打ち替えの必要がありますね。

コーキングの寿命は10年前後が目安ですね。紫外線などの影響を受けるので周りの建物の状況や住んでいる場所によっても変わってきます。

それぞれのタイミングで「フローリングのワックス掛け」

車の掃除をしなくても・洗車をしなくても車自体の寿命に影響しないのと同様に、家の中の掃除やワックス掛けをしないからといって家の寿命が縮むわけではありません。

ピカピカな車に乗りたいから洗車する。車内を綺麗に保ちたいから掃除する。と同じです。

フローリングのメンテナンスを怠るとどうなるか。

僕は、無垢のフローリングをオススメしています。

無垢フローリングをオススメする理由!3つのメリットと5つのデメリットを徹底解説!床の素材で1番人気なのが無垢フローリング! 表面だけ木の薄皮を張った積層フローリングとは違い 本物の木100%で作ら...

無垢のフローリングはメンテナンス不要です。ワックスを掛けないと腐る、ということもありません。とはいえ、やはりワックス掛けをした方が良いです。なぜなら新築時の綺麗な状態を維持できるからです。

家の中で歩く場所や居る場所は大体決まっています。通路の壁際を歩くこともなければリビングの端っこに居ることも少ないでしょう。廊下であれば真ん中を歩くし、リビングやダイニングだったらソファやテーブルの廻りに居ますよね。

新築当初は塗装してあるので汚れにくい状態ではあるものの、使っていけば塗装は剥がれてきます。どうしても日常的に歩く場所のフローリングは黒ずんできたり汚れたりします。

特に素足で生活されている方は、皮脂によって汚れが付きやすい!

動線上だけ塗装が剥がれて、それ以外のところは綺麗な状態。みたいになると結構気になります。

今これを読んでいるあなたの家もそうなっているかもしれませんね。

綺麗な状態で維持したいなら3ヶ月に1回以上!

なので綺麗な状態を保っていたいのであればワックス掛けが必要になります。

無垢フローリングの場合は、浸透性のある塗装を使用しているので使えるワックスは限られてきます。自然素材の住宅会社で使用している塗料は「オスモ」「リボス」が多いと思います。

それぞれのメーカーのホームページから直接購入することもできますし、「蜜蝋ワックス」とかならお近くのホームセンターにも売っていると思います。いずれにしても無垢材用のワックスを選んでいただければ問題ありません。


複合フローリング(化粧フロア)を使用されているお宅は、化粧フロア用のワックスがホームセンターに売っています。化粧フロアを使用している住宅屋さんの方が多いので、比較的手に入れやすいワックスだと思います。


綺麗な状態で維持したいのであれば3ヶ月に1回以上の頻度をオススメします。

僕が担当させていただいたお客さんの話を聞くと、大掃除の時だけとか引っ越してから一回もやってないって方もいらっしゃいますが、塗装が剥がれてあまり見た目はよくないように見えます。

壁紙や塗壁が汚れてしまった場合の対処法!

汚れた壁ってどうやったらキレイになりますか?

そんな質問をよくいただきます。

汚れにもよりますが、大体消しゴムでキレイになります!意外とシンプルな方法で驚きますよね。(笑)

多少頑固な汚れには「激落ちくん」ってスポンジで擦るのも有効です。ただ、柄のあるクロスや塗壁の素材によっては、かえって目立ってしまうことになりかねないので目立たない場所で試しに擦ってみて、大丈夫そうならやってみてください。

【壁紙|汚れの落とし方】まるで新品!手軽にできるクロスの掃除方法!新築マイホームに引っ越してから、1年・3年・5年・・・。当初は綺麗な壁紙でも月日が経つにつれてだんだん黒ずんでしまいます。 生活す...

クレヨンの落書きとか醤油ぶちまけちゃった場合のように、頑固な汚れの時は貼り替えや塗り替えになってしまいますね。。。

玄関の鍵が固くなった時にやってはいけないコト!

玄関ドアの鍵をかけようと思った時に、固くて回せなくなったという経験は意外と多いようです。

そんな時に「シリコンスプレー」を使用する方は多いのではないでしょうか。商品名で言うと「クレ 5-56」と聞くとピンとくる人は多いはず。

鍵穴に「シリコンスプレー」を吹きかけてはいけません!

一旦はスムーズに鍵を掛けられるようになるのですが、かえって汚れを吸着しやすくなり最悪の場合シリンダー(鍵自体)の交換になることもあります。

費用にすると、4〜5万円以上かかることに!

鍵が固くなってきたと感じた場合は、黒煙を鍵の先端に付けて鍵穴に差し込んでみてください。これであなたの玄関ドアのシリンダーを交換せずに直すことができます。

マイホームを長くキレイに住み続ける方法【まとめ】

マイホームを長くキレイに住み続けるにはメンテナンスは必要です。

とはいえ、毎日メンテナンスする必要はなく、おおよその目安の時期になってからそれぞれのタイミングで行っていただくだけで大丈夫です。

マイホームのメンテナンス

2ヶ月毎に「給気口の掃除」
1年毎に「排気口、換気扇本体の掃除」
8〜12年毎に「外壁・屋根塗装、コーキング打直し」
フローリングのワックス掛けは必須じゃないけどやった方が良い

メンテナンス費用を捻出するには、火災保険の見直しや住宅ローンの借り換えによる固定費の削減も効果的です。こちらの記事もぜひチェックしてみてください。

火災保険の選び方を徹底解説!保険料をお得に、定期的な保険の見直しを!こんにちは。けんち君です。 僕の簡単なプロフィールです。 住宅業界歴15年です。 注文住宅専門で設計・現場管理...

最後まで読んでいただきありがとうございました^^

間取り診断承ります!まずは気軽にお問い合わせ下さい!

【間取り診断】承ります!後悔しない家づくりについて発信している「けんち君」です。 ありがたいことに、家づくりの質問や間取り相談のお問い合わせが多数届くよう...

 

家づくりを始める人の多くが、こちらを利用しています。
土地探しから資金計画、間取りの提案まで無料です。一括で多数の会社から提案を受けられるので、無料なのにお得なサービスです!

↓あなたにピッタリの会社を無料で紹介↓

他にも・・・

↓保険会社で火災保険料は千差万別!一括見積もりはこちらから↓


↓金融機関の金利の比較が便利な住宅ローンの一括サイト!↓


↓プロパンガスの見積もり一括サイト!↓

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA