一級建築士ブログ

一級建築士合格発表!公開方法と公開時間を知って誰よりも早く合否を確認しよう!

2020年(令和2年)の一級建築士合格発表は12月25日です。

1年間の努力が報われるか、それとも力及ばずでまた来年となるのか。

合否の結果で人生が変わります。
大袈裟に聞こえるかもしれませんが、合格か不合格かでメチャメチャ人生が変わります!

合格すればもちろん晴れて一級建築士!資格勉強から開放されます。
一方、不合格となればまた来年試験勉強することになり、
大事な大事なその年の夏が勉強時間に費やされてしまいます。

そんな人生の岐路ともなる一級建築士の合格発表。

ところでその肝心の設計製図試験の合格発表方法についてご存知ですか?

今回は、一級建築士の合格発表の方法と、合格発表の時間について
おさらいしておきましょう!

一級建築士の合格発表は2種類

一級建築士の合格発表の方法は次の2種類です。

一級建築士合格発表の方法
  1. センターのホームページに掲載
  2. センター本部・支部・各都道府県の建築士会事務所に掲示

この2種類の方法で合否を知ることができます。

一級建築士合格発表①|センターのH Pに掲載

一つ目の方法は、
建築技術教育普及センターのホームページから合格者一覧が公開されます。

都道府県別に掲載されているので比較的すぐ見つけることができます。

ちなみに、実名での公表となるので受験番号を覚えておく必要はありません!

ホームページ上に実名で公表・・・
すなわち、誰でも合否を確認できるということです。

建築技術教育普及センターHPのホームページはこちらから!

トップページ のこの画面の『新着情報』をクリック

『試験・審査』をクリックして最新の新着情報より確認できます!

一級建築士の合格発表の時は一番上に更新されます!

落ちていたら会社の人にもすぐバレちゃうのがちょっと嫌ですね。
受かっていれば良いのですが。。。

一級建築士合格発表②|センター本部・支部・各建築士会事務所に掲示

僕は一回も見たことがないですが、建築士会事務所などにも掲示されているそうです。
実際に掲示しているのを確認するのは資格学校の営業マンが圧倒的に多いです。

僕たちサラリーマンは平日の金曜日は仕事中ですから
ホームページで検索する人の方が圧倒的に多いでしょうね。

大学の合格発表を思い出したい方は、足を運んでみてはいかがでしょうか。

一級建築士合格発表の時間

一級建築士の合格発表の時間は正式な時間は公表されていませんが
毎年午前9時半頃にセンターのホームページに掲載されています。

過去5回の内、3回は9時半に公開されていましたが
去年は9時半過ぎても公開されておらず、結局午前10時くらいの公開でしたし、
3年くらい前の時は、午前9時15分くらいにフライング気味で公開されていました。

ちなみに、公開された瞬間からアクセスが集中するので

ず〜っと接続エラー続出です!

受験者や家族・友達・会社の人たちが殺到するからでしょう。

更新されるまで「F5」キーを押しまくって根気強く再読み込みしまくりましょう!
ちなみに読み込みした後に、間違って戻るボタンを押してしまうと、
また接続エラーになってしまうのでご注意を!

まとめ

一級建築士の合否で人生が激変します。

自信がある人は、一刻も早くホームページにアクセスして
いち早く合格を確認して試験から解放されましょう。

自信が無い人や多分落ちているだろうという人は、
少しでも長く夢を見るためにホームページのアクセスが落ち着く
午前11時くらいにゆっくり確認してみましょう。

僕は、合格者一覧の中に名前が無かった時の

案の定今年も無かったか・・・
また来年か・・・

という悲しい思いを過去5年間味わってきました。
(さすがに、もぉコリゴリです。。。)

とは言え、誰かが受かると誰かが落ちるという相対評価の試験です。
自信があっても落ちる人は落ちますし、
自信がないと言っていた人でも受かってる人はたくさんいます。

とにかく12月25日までもぉ少しですね!
笑って年越しを

迎えたいところですが、果たして結果はいかに・・・。

 

\一括 ¥98,000 (税込¥107,800-)  月々¥9,300×12回から/



合格への近道

一級建築士の学科試験は独学で受かります。
独学には自信がない、、、そんな人には通信がオススメです。



関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA