住宅ローンとお金の話

【延滞・差押・競売】住宅ローンの返済が遅れた時のペナルティ!支払に困った時の3つの対処法!

新型コロナウイルスの影響で、住宅ローンの返済に困っている人が急増しています。住宅ローンの支払いができずに「住宅ローン破綻」する人も。

  • もし住宅ローンが返済できなくなったらどうなってしまうのか。
  • 「差押え」「競売」にかけられる前に対処する方法はあるのか。
  • 万が一の時にマイホームを守る方法はあるのだろうか。

今すでにそんなお悩みに直面している人も、これから直面する人もいるでしょう。

そんな時にあなたにできること。それはこの3つ!

  1. 支出を抑えて返済資金を作る
  2. 金融機関に相談してリスケジュールしてもらう
  3. 住宅ローンを借換えする

返済が遅れてしまった場合、負の連鎖に陥り住宅ローン破産してしまう可能性もあります。

それでは今回、住宅ローンの返済が遅れた場合どうなるのか、どうしても返済に困ったときはどうすれば良いのか、についてお話ししたいと思います。

新型コロナの影響を受けていない人でも、変動金利で住宅ローンを組んでいる人は、今後の金利の動向次第では返済に悩まされることになるかもしれません。

万が一に備えるためにも、ぜひ最後までお付き合いいただければと思います。

この記事はこんな人向け

  • 今住宅ローンを組んでいる人
  • 変動金利か固定金利で悩んでいる人
  • コロナの影響で収入が減少した人

負の連鎖|返済が一回でも遅れると重たいペナルティ!

返済が遅れると金融機関から催促の連絡がきます。すぐに連絡がきます。手紙で届いたり、電話がかかってきたり。

最速で催促の連絡がきます・・・。(すみません)

通知が来てからすぐに支払えば問題ない!

たまたま口座の残高が少なくて引き落としされなかった場合もありますよね。連絡がきた時点ですぐに応じれば問題ありません。

問題なのは、催促時に提示された日程からさらに遅れてしまった場合。

恐ろしいペナルティが発生します。

返済が滞ってしまった場合のその後の流れについても解説していきますね。

返済が滞った時の2つのペナルティ!

催促が来てから、更に1日でも返済が遅れてしまえば「延滞」とみなされてしまいます。

延滞すると2つのペナルティが課せられます。

2つのペナルティ
  1. 優遇金利が適用されなくなる(可能性)
  2. 有利なローンへの借換えができなくなる

これは恐ろしく重たいペナルティです。

優遇金利が適用されなくなる(可能性)

優遇金利が適用されなくなると聞いて、

なんだって!?っと思った方は金利の重みがよく分かっていらっしゃいます。

え、どゆこと!?って思った方はこちらの記事をチェックしてみてください。

住宅ローンの金利の重み!金利差0.1%で総返済額〇○万円の差!三井住友銀行は、1.1%だった10年固定の住宅ローン金利を3月1日から1.15%に引き上げました。他の銀行も同じ上昇幅で金利の引き上げを...

金利が0.1%上昇するだけで3000万円フルローンの場合だと、総返済額50万円以上増えてしまいます。

今の超低金利の時代、多くの人が変動金利で借り入れしていると思います。(僕としては、お金に余裕が無い人は固定金利をオススメしているのですが)

【住宅ローン】お金がない人ほど固定金利がオススメ|変動金利・固定金利のメリット・デメリット解説 金利・利息 変動金利・固定金利 住宅ローンを組むとき必ず目にしたり耳にするワード。 金利とか利息とか、よく...

優遇金利ってなに?って人のために。

店頭金利というのがいわゆる「定価」です。そこに各金融機関ごとに割引してくれた後に決まる金利が優遇金利となります。

店頭金利マイナス1%なんて表現されています。

返済が滞った瞬間、その優遇金利が適用されなくなってしまい、総返済額が上がってしまいます。つまり、追い討ちをかけるように月々の支払い額が増額してしまうということです。

返せないから返済が滞ってしまうのに、優遇金利の適用がなくなり更に返済がつらくなります。まさに負の連鎖です。

一回の延滞では優遇金利の適用はそのままのこともありますが、

住宅ローンの契約書には「一度でも延滞したら優遇金利の適用を受けられなくなる」と記載されています。

有利なローンへの借換えができなくなる

優遇金利が使えなくなったら、他行に借り替えすれば良いんじゃない?

と思った方は頭の回転がお早い!

ただ残念ながら借換えするにも、あなたの信用がなければ銀行はあなたにお金を貸してくれません。延滞が発生すると、あなたの信用はガタ落ちです。

1年以内に延滞があれば借り換えが認められません。

優遇金利の適用が無くなれば1%以上金利が上がるのと同じ意味になりますので、生活は更に苦しくなってしまいますね。

返済が2ヶ月以上遅れたら「事故」扱い

滞納が続くと「事故」扱いになり、信用情報に傷が付いてしまいます。

つまり、信用情報機関のブラックリストに載るってことです。

お金を借りるときは全ての金融機関が必ず信用情報を確認するので、これ以上お金を借りることができなくなります。

ブラックリストに載ればマイカーローンすら組めません。携帯電話の契約も難しくなる場合があります。

督促状はイエローカード催告書はレッドカード

延滞2ヶ月目には「督促状」が届き、滞納が続いた場合の法的措置についての警告を受けます。

督促状が来てもなお滞納が続くと、最後の最後「催告書」が届きます。こうなればレッドカードです。

返済が半年遅れたら差押え!競売へのカウントダウン!

そのまま延滞が続き、3〜6ヶ月もすれば金融機関は抵当権を実行してきます。

一括返済するか、返済できなければ競売にかけますよ。

と圧力をかけてきます。

住宅を担保に住宅ローンを借りているので返済できなくなれば、担保の住宅が奪われてしまうのは仕方がありません。

この時には家が「差押え」となり、物件を勝手に売ったりしないように裁判所から命令されます。

競売の売却価格は市場価値の6〜7割

競売になると、裁判所が決定した売却価格で落札されるので市場価値よりも大幅に安く売られてしまいます。

その額なんと市場価値の6〜7割。残債が残る可能性が十分にあります。

残った残債は自分で返済方法を模索しなけらばならなず、残された道は限られてしまいます。最悪の場合、自己破産も・・・。

返済に困ったときの3つの対処法!

ここまでが、返済できなかった場合の大まかな流れです。

このコロナ禍において住宅ローンの返済に困っている人は急増しています。

打つ手はない、と諦めるには早いです。

返済に困った時の対処法は3つあります。

返済に困った時の対処法
  1. 支出を抑えて返済資金を作る
  2. 金融機関に相談してリスケジュールしてもらう
  3. 住宅ローンを借換えする

この3つについて解説します。

支出を抑えて返済資金を作る

マイホームを守るのは、あなたしかいません。まずは支出を抑えて住宅ローンの返済を優先しましょう。

固定費を抑えたり、無駄な出費を抑えましょう。

それでもダメなら次の手段!

金融機関に相談してリスケジュールしてもらう

金融機関に相談してみましょう。返済の遅れについては返済期間に猶予をくれたりと柔軟な対応をしてくれる金融機関が一般的です。

困ってから相談するのではなく、早めに相談しておくことで柔軟に対応してくれます。

例えば、みずほ銀行では「住宅ローンご返済相談デスク」という電話窓口を開設していますので、まずは気軽に電話で相談してみましょう。

住宅ローンを借換えする

まだ滞納していないけど、このままだと返済がヤバイ!って状態であれば、金融機関を乗り換えるというのも一つです。

ネットバンクでは金利が安いので、メガバンクや地方銀行で住宅ローンを組んでいる人はぜひ借換えを検討することをオススメします。

借換えしない方がよい人はこんな人です。

借換えしない方がよい人

金利が1%も低くならない
残債が1000万円以下
手続き費用含めると変わらないor高くなる

こんな人は借換えしない方が良いです。

逆に、金利差1%以上・残債1000万超え・手続き費用含めても安くなるなら、前向きに借り換えを検討してみましょう!総返済額・月々の支払額を抑えることができますので!



まとめ

住宅ローンは1回でも滞納があると、優遇金利が適用されなくなるので2%程度の金利が上乗せされてしまいます。

返済できない状態で金利まで上乗せされると、住宅ローン破綻寸前となりかねません。

絶対にやってはいけないことは、金融機関からの通知を無視すること。これだけは絶対にやめましょう。

どうしても返済が厳しくなりそうだと思ったら金融機関に相談するか、総返済額を抑えるためにも金利の低い金融機関に借換えを検討してみることをオススメします。



最後まで読んでいただき、ありがとうございました^^

住宅ローンについての書籍はこちらがとても参考になります。ぜひ手にとってみて下さい。


間取り診断承ります!まずは気軽にお問い合わせ下さい!

【間取り診断】承ります!後悔しない家づくりについて発信している「けんち君」です。 ありがたいことに、家づくりの質問や間取り相談のお問い合わせが多数届くよう...

 

家づくりを始める人の多くが、こちらを利用しています。
土地探しから資金計画、間取りの提案まで無料です。一括で多数の会社から提案を受けられるので、無料なのにお得なサービスです!

↓あなたにピッタリの会社を無料で紹介↓

他にも・・・

↓保険会社で火災保険料は千差万別!一括見積もりはこちらから↓


↓金融機関の金利の比較が便利な住宅ローンの一括サイト!↓


↓プロパンガスの見積もり一括サイト!↓

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA