一級建築士ブログ

角番生による一級建築士設計製図④~前期課題1の作図

およそ9ヶ月振りの作図

まだ最初なので馴れるまでちょっと休み休みやることにしてます。

 

ただの甘えです。だって疲れちゃうんだもん。

僕はフリーハンド派なので平行定規は最初の方しか使いません。

まだ描ききれていませんが、作図時間はおよそ2時間半くらいでこんな感じです。

もう少しだから描ききれよって声が聞こえそうですが・・・

疲れちゃったんだもん。

あとは

レストランの座席、2方向避難の経路と距離、庇、屋上訓練エリアのベンチと緑化、延焼ライン、面積表、屋上設備スペースの図示

こんなところかな。

面積表は最初に書けと言われているのですが、平面図描き上げたくらいで書いています。

万が一の面積調整があった時に、また消して書き直しになっちゃうのが嫌なので。

去年はフリーハンドで2時間半くらいで描き上げていたのですが、久しぶりなので良しとしましょう。

去年から今まで採点が厳しいみたいです。

延焼ラインのかからない、防火上有効な公園からの延焼ラインを記載するだけで一発アウトの噂が・・・。

なんで年々厳しくするのかね、、、勘弁してよ~。

フリーハンドは受からない?

って言われているみたいですが、

その真相は、普段平行定規を使っている人が本番で時間が無くなり

『ぶっつけ本番のフリーハンド』

に切り替えて落ちてしまったという事から

フリーハンドでは受からないと言われているそうです。

だから、

フリーハンドで練習すれば合格します

実際に、N建学院生でフリーハンドで受かっている人もたくさんいるそうです。

私も去年からフリーハンドに切り替えました。

そうすることで、エスキスに時間をかけることができます。

フリーハンドの作図時間はおよそ2時間半を切るくらいなので、

ゆとりを持ってエスキスに時間を費やせます。

皆さんも今のうちからフリーハンドで練習してみてはいかがでしょうか。

・・・2回目の角番生に言われても説得力ないか!(笑)

独学の方・N建学院生以外の方の為に、N建学院の教材のリンク貼っておきます。

どうぞこちらから購入してみて下さい。送料無料なのでお買い得です。


 

合格への近道

一級建築士の学科試験は独学で受かります。
独学には自信がない、、、そんな人には通信がオススメです。



関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA